頭皮のかゆみの原因

頭がかゆいと感じたことがある人は多いのではないでしょうか。少しかゆいだけなら頭をかいて終わりですが、いつもかゆいと感じていると、物事に集中できなかったり、つい頭をかきすぎてしまって頭皮が傷ついてしまったりと、頭がかゆいことによる弊害は少なからずあるといえます。冬場の乾燥する時期にかゆく感じることや、数日頭を洗わないためにかゆくなるなど、頭皮のかゆみの原因には一時的で割と早く改善が見込めるものもあります。しかし病気によるかゆみだったり頭の洗い方に問題があったりすると、慢性的に頭皮のかゆみと戦わなければならなくなります。そこで今回は、頭がかゆくなる原因を探っていきます。

フケだけじゃない?頭皮の乾燥がかゆみにつながる!

頭皮がかゆくなる原因の代表的なものに、頭皮の乾燥が挙げられます。私たちの皮膚には、皮脂などの天然のバリア機能が備わっています。頭皮も例外ではなく皮膚の表面は皮脂で覆われていますが、乾燥肌体質や加齢による乾燥、またはシャンプーや紫外線など外部からの刺激によって頭皮が乾燥してしまい、バリア機能が弱まることがあります。頭皮が乾燥すると髪の毛先が当たるなどのちょっとした刺激に対してもかゆさを感じることがあり、また、頭をかけばかくほどかゆみを生む物質であるヒスタミンなどを出す細胞を刺激し、さらに頭皮のかゆみを引き起こすという負のスパイラルに陥る可能性が高くなります。そのため、頭皮の乾燥を防ぐことが、かゆみを抑えるのに有効的といえるでしょう。

空気の乾燥は頭皮のかゆみを招く

空気が乾燥すると、おのずと皮膚も乾燥していきます。乾燥肌とは年間を通して肌が乾燥することをいいますが、冬場の空気が乾燥する時期にとりわけ頭がかゆくなるという人は、空気による乾燥がかゆみの原因の可能性が高いでしょう。また、冬は乾燥するだけではなく、気温が低いという特徴がありますが、低温乾燥の環境下では肌の乾燥が進みやすいため、頭皮のかゆみも増えていくと考えられています。しかし、その一方で、高温多湿の状況下でも頭がかゆくなることがあります。高温多湿の場合には私たちの体から汗が多く流れるようになるため、汗腺が詰まりやすくなる確率が高くなります。そのため、夏場は逆に多少乾燥した状況を作る方が頭皮のかゆみを抑えることができることでしょう。

意外な盲点?!室内外の温度差も頭皮の乾燥を引き起こす

本州以南の夏や、冬場の北国で起こりやすいのが、室内外の温度差です。クーラーがよく効いた建物から急に蒸し暑い外へ出たり、気温が低い外からストーブで暖められた室内に入ったりするときに、私たちの体は温度差にさらされます。温度差を体に慣れさせるため汗をかくことがあり、高温多湿の状況のように汗腺が詰まりやすくなります。また、冷えた環境と暖かい環境を繰り返していくうちにだんだん肌が乾燥していきます。室内の温度を気温との差があまりないように調整したり、冬に外出するときは帽子をかぶったりすることで、頭皮の乾燥を防ぐことが可能です。

低刺激のシャンプーで洗髪することが大切

頭がかゆくなると、すぐにシャンプーで頭を洗おうとする人もいるかもしれません。しかし、一見適切な解決策のように思えても、洗髪は頭皮の乾燥を招く大きな原因となるケースが多くあります。ここで気をつけておきたいのが、シャンプーの種類です。頭皮のかゆみに悩まされている人は、無香料のものやシリコンが入っていないものなど低刺激のものを選ぶと、かゆみ対策としては効果があります。おしゃれだからといってパッケージが魅力的なものや香料がふんだんに使われているものではなく、オーガニック素材を使用しているものを積極的に選ぶことで、頭皮のかゆみが軽減できることでしょう。

カラーリングも頭皮に刺激的

シャンプーの他にも、頭皮に刺激を与えるものはたくさんあります。そのひとつとしてカラーリングが挙げられます。カラーリングは髪の色を変えておしゃれを楽しむだけではなく、白髪対策として活用している人もたくさんいることでしょう。髪の毛は頭皮にある毛穴から伸びていくので、カラーリングをする際は頭皮にカラーリング剤が付着することが多々あります。また、カラーリング剤を頭皮につけたまま数十分待つことは珍しくないため、よけいに頭皮を刺激し、乾燥を進ませてしまう可能性が高くなります。カラーリングの中には刺激が強いものもあるため、不必要なカラーリングはしない方が良いといえます。

紫外線の浴びすぎは頭皮にとって良くない

骨を丈夫にするためなど、健康のために紫外線を浴びることが推奨されていますが、紫外線の浴びすぎは頭皮の乾燥を進ませる原因となってしまいます。紫外線は普段目に見えないため気にかけることは少ないかもしれませんが、紫外線の刺激はシャンプーやカラーリング剤同様かなり頭皮に負担をかけています。紫外線も皮膚の乾燥を促進させてしまうため、季節を問わず外出をするときは帽子をかぶったり日傘をさしたりなどの対策をとることを心がけてください。また、紫外線は皮膚の老化を促すため、基本的には浴びすぎないようにすることが大切です。

頭皮に病気・疾患があるときもかゆくなる

頭皮のかゆみは乾燥だけではなく、頭皮の病気や皮膚の疾患などを原因とする場合も多くあります。この場合は自己判断で対策をとるのではなく、病院へいって医師の指示を仰ぐことが重要です。頭皮をかゆくする疾患としては、アトピー性皮膚炎やじんましんなどあります。いずれの場合も皮膚科を利用することは望ましいですが、個人でできる努力としては、ハウスダストを取り除いたり、アレルギーがある食べ物を摂取しないようにしたりすることが大切となります。また、あせもやかぶれも疾患を伴う頭皮のかゆみの原因となります。汗をかきやすい部位である頭皮は、あせもやかぶれが起こりやすい場所ともいえるため、清潔に保つことを心がけ、適度に乾燥させることも忘れないようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れも頭皮のかゆみを促進していた!

更年期や妊娠などを経験する際に、「ホルモンバランスの乱れ」という言葉を聞く機会は多くあるかもしれません。ホルモンは私たちの体の働きを調整する役割を持っており、ホルモンのバランスが乱れてしまうと体調を崩すことがあります。ホルモンのバランスが正常でなくなる原因には、思春期など年齢を重ねることによって誰にでも起こりえる一時的なものがある一方、ストレスや睡眠不足など、個人の日常生活が大きく関わってくるものも多くあります。後者の場合は慢性化しやすいため、ホルモンバランスが乱れているかもしれないと気がついたときには早急に対策をとることが大切です。

ストレスはホルモンバランスを乱す大きな原因

ストレスは万病の元ですが、頭皮のかゆみに対してもストレスの影響は少なからずあるといえます。頭皮に湿疹が起こる原因にストレスが挙げられることがあり、ストレスと頭皮のかゆみには相関関係が高いという報告は無視できるものではありません。また、ストレスをため込むと無意識的に頭をガリガリとかきむしったり、身の回りのことに気が回らず疾患によるかゆみの発見が遅れたりと、症状を悪化させてしまう可能性がより高くなるでしょう。対策としてはストレスフリーな生活を心がけるか、積極的にリラックスすることが重要なポイントとなります。

妊娠・出産・生理…女性はホルモンバランスの乱れと隣り合わせ

女性にとって人生の大きな経験である妊娠・出産は、ホルモンのバランスが大きく崩れる時期でもあります。妊娠は病気ではなく、また一時的なものであるため、ホルモンバランスが乱れたとしてもあまり気にしない人も多いかもしれませんが、妊娠中や出産後に適切なケアをしておかないと、ホルモンのバランスはなかなか元どおりに戻らない危険性があります。また、妊娠・出産だけではなく、定期的にくる生理によってホルモンバランスが乱れることも珍しくありません。生理も疾患ではないため、数日間が過ぎればもとどおりに戻ることもありますが、一時的にせよ強く頭皮をひっかいて傷つけてしまったときは、生理が終わった後も頭皮の痛みやかゆみに悩まされる可能性があるので注意しましょう。

睡眠不足も頭のかゆみには大敵?!

忙しく働く日本人は、睡眠時間が世界的に見ても少ない傾向にあります。OECDのデータによると、2011年の日本人の平均睡眠時間は7時間強で、軒並み8時間以上寝ている世界各国と比較すると、かなり睡眠時間が不足していることがわかります。睡眠不足はストレス同様万病の元であり、ホルモンバランスを崩す原因にもなっているため、頭のかゆみとは無関係であるとはいえないでしょう。睡眠不足は更年期などの避けては通ることができない人生の節目とは違い、比較的簡単に対処が可能なものといえるので、なるべく早めに睡眠を多くとる生活に切り替えることを心がけましょう。
(https://www.oecd.org/gender/data/balancingpaidworkunpaidworkandleisure.htm)

血行不良を改善すると頭皮のかゆみが軽減される!

新陳代謝という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。新陳代謝は体から不要になったものを取り除き、新しく体に必要なものを作る現象のことを表しています。新陳代謝に欠かせない体の働きが血行で、血行不良になると新陳代謝がうまく行われず、老廃物が体の内外にたまってしまうことが考えられます。血行を妨げる原因となるものはいくつかあり、血行をよりよく促進させるための対策をとることで頭皮のかゆみを抑制させられます。血行が良くなると体そのものが健康になっていく可能性があるため、一石二鳥の効果を得ることができるでしょう。

ストレスは血行不良の原因にもなる!

血行不良の原因には、ストレスが大きく関わってくるケースがあります。ストレスを感じると自律神経が乱れてしまい、血液の循環機能がうまく働かなくなる可能性が指摘されています。また、緊張したときなどは体が硬くなったり萎縮したりすることがありますが、これは血管を収縮させるストレスホルモンが多く分泌されることによる影響が大きいためです。血管が収縮すると血流が減り、血行不良の原因となります。また、リラックスしているときと比べストレスを感じているときは体温が低くなる傾向があるため、さらに血行不良を促してしまう原因となります。そのため、ストレスは血行不良を引き起こす大きな原因のひとつといわれています。

食生活の偏りは体にとって良くない

食べ物の好き嫌いは多くの人にあることでしょうが、偏食は血行不良を促す契機になってしまう可能性があります。脂肪分の多い食事ばかりをとっている場合、コレステロールが血管に多く蓄積されてしまうため、血液の流れを妨げてしまいます。一方、果実食主義や菜食主義者の一部では、冷えたものばかりを口にする機会が多いなどの原因によって体の内側が冷えてしまい、血管が収縮するなどの危険性をはらんでいます。健康のことを考えると食事は極端に偏ったものにするのではなく、バランス良く食べることで血行が良くなり、ひいては頭皮のかゆみを抑えることにもつながります。

やっぱり過度の飲酒や喫煙は体にとって良くない

嗜好品として親しまれているお酒とタバコですが、これらは血行不良を促す大きな原因となっています。お酒は食欲を促進させたり体を温めたりする効果があるため血行が促進されることもありますが、場合によっては血管が収縮し血圧が高くなることもあります。タバコも血管を収縮させる効果があるため、血行不良を引き起こす可能性が高いといえますが、タバコの場合は血液凝固を促してしまうこともあるため、血行不良になる危険性がより高まります。飲酒は血管が拡張して血圧が低くなることもあるなどさまざまな効果を持っていますが、喫煙には血流にとって何も良いことがないので注意する必要があります。

(http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/general/pamph32.html)

髪の毛の洗い方を変えて、かゆみとはサヨウナラ

シャンプーが原因で頭皮のかゆみを覚えるケースは多くありますが、たとえ低刺激のシャンプーを使用していたとしても、洗い方によっては頭のかゆみから解放されないかもしれません。オーガニックのシャンプーといえども、頭皮にとっては異物にほかなりません。洗髪後のすすぎを丁寧に行わないとシャンプーの成分が頭皮に残ってしまい、それが刺激となってフケやかゆみの原因となってしまう可能性があります。また、きれいにしたいからと1日に何度も頭を洗うことは、頭皮が乾燥してしまう原因を作ります。30代では1日1回、40代以降の皮脂が少なくなってくる年代では2日に1度や数日に1度など、加齢とともに洗髪をする機会を減らすことを検討してみてください。また、トリートメント剤は刺激物が多く含まれている可能性が高いため、直接地肌につけないようにしましょう。シャンプーと同様、すすぎはしっかりと行います。

頭皮のかゆみの原因を知って改善策をとろう

頭皮のかゆみの原因はひとつだけではなく、さまざまなものがあります。現在頭皮のかゆみに悩まされている場合は、もしかしたら複数の原因が折り重なっているためかもしれません。シャンプーの種類を変えたり、頭の洗い方を改善したり、または睡眠時間をできるだけ多くとってストレスが少ない生活を心がけたりと、まずは自分で簡単にできることから始めてみましょう。改善が見込めたらそこでやめるのではなく、継続することが大切です。一方、病気が原因でかゆみを覚えるケースもあるので、病院にいくことも有効的な手段です。アトピー性皮膚炎などの病気ではない場合でも、アレルギーが原因で頭がかゆくなることもあります。アレルゲンを特定するためにも、皮膚科を受診することはとても重要です。頭皮のかゆみに悩まされない豊かな日常生活を送るためにも、今回の記事をぜひ参考にしてみてください。

フケ・かゆみに効くおすすめの薬用シャンプー

頭皮のかゆみ相談室がおすすめするフケ・かゆみに効く薬用シャンプーです。頭皮のかゆみを改善するには、まずはここから始めましょう。まとめ買いをするとさらにお得に購入できます。

ニゾラールシャンプー2%
ニゾラールシャンプー2% 有効成分のケトコナゾールが、雑菌を抑制・殺菌し、フケ、カユミ、脂漏性皮膚炎に効果があります。フケ・かゆみ対策のほか、男性型脱毛症の原因とされる男性ホルモンを抑制する働きもあります。
デノンシャンプー
デノンシャンプー 有効成分のケトコナゾールは、脂漏性皮膚炎をおさえる効果があり、強い痒、フケ、赤い湿疹にも有効です。ジェネリック医薬品のため、従来のケトコナゾール配合の商品より安価に購入することができます。

現在すでにフケ・かゆみ用のシャンプーを使用している方は、こちらからケトコナゾール配合の薬用シャンプーを購入しましょう。

通版で購入可能な頭皮のかゆみに効く薬用シャンプー
 ページの先頭に戻る